福岡 調剤薬局 フラワー薬局グループ

ひとりひとりのかかりつけ薬局 フラワー薬局グループへのお問い合せは 0946-63-8070 まで


リンク集

社内研修会のご報告

平成30年8月度研修会

8月28日に「医療安全研修」を行いました。

この研修は毎年定期的に行っており、日常業務の安全性の向上を図るものです。

今年も弊社で実際に起こったインシデント事例をもとに薬剤師、事務員でディスカッションを行い、再発防止策を検討しました。

この一年間に入社した社員が数名おりますので、自店舗のことだけではなく、他店舗で起こったインシデント事例や対策を共有できたことにより、今後幅広い安全対策ができるのではないかと思っております。

これからも社員皆で情報共有し、インシデントを起こさないように取り組んで参ります。


  • image

 

平成30年8月度事務員研修会

8月1日に第39回事務員研修会を行いました。

今回は「使ってみよう!感じてみよう!~高齢者の気持ちを体験してみましょう~」
という演題でした。

一般用医薬品(OTC)を多く取り扱っているフラワー薬局西町店の事務員が、高齢者に多く使用されている杖や介護用品などの商品説明を行い、その後実際に触れて商品を体験するという形で紹介しました。

「実際に触るのは初めて」という事務員も多く、大変為になりました。

その他に、9月に行われる棚卸に向けて、マニュアルの確認、意見交換などを行いました。

今回の棚卸は、全店舗に昨年より新しく導入された在庫管理システムでの棚卸となるため皆、真剣でした。

患者様にご迷惑お掛けすることなく、スムーズに業務が行えるよう、事務員一同努力して参ります。


  • image
  • image

 

平成30年7月度研修会

7月24日に「検査値×処方箋の読み方-肝・腎機能編-」という研修会を行いました。

5月、6月に続き検査値シリーズの第3回目です。

多くの薬剤に関与してくる肝・腎機能の内容を学びました。

特に高齢者は代謝機能が低下していることが多いので、投与量や投与間隔に十分気を付けなければなりません。

今回学習した知識を基に、それぞれの患者様に最適な薬剤を調剤できるように研鑽していきたいと思います。


  • image

 

平成30年6月度研修会

6月25日に「検査値×処方箋の読み方-凝固能編-」という研修会を行いました。

5月の「血算編」につづき2回目の検査値の研修会でした。

グループディスカッション形式で、普段接することのある様な事例を検討しました。他の薬剤師の意見もきくことができ、大変勉強になりました。

検査値シリーズの研修会はこれからもつづきますので、色々な情報を基に、それぞれの患者様に最適な薬剤を調剤できるように研鑽していきたいと思います。


  • image

 

平成30年5月度事務員研修会

5月30日に第38回事務員研修会を行いました。

今回の演題は、「レセプト請求に対する疑義について」でした。

ふくおか県薬会報の審査ニュースのページに記載されている事例を何例かピックアップし、問題形式にして、その請求内容が正しいかどうかを一人ずつ考え、答え合わせをして確認しました。

当たり前ですが、処方内容によって加算や調剤料の取り方が変わってくるので、様々なパターンの処方内容の計算に対応できるようにこれからも知識を深めていきたいと改めて思いました。

  • image
  • image

 

平成30年5月度研修会

5月29日に「検査値×処方箋の読み方-血算編-」という研修会を行いました。

ここ数年、処方箋に検査値を載せる病院が増えてきています。

これは、調剤を行う薬局の薬剤師が、薬剤の投与量や投与期間、副作用の有無、適正な薬剤が処方されているか等を確認し、個々の患者様にあった薬剤を調剤する為です。

ですので、その検査値を見て、我々薬局の薬剤師が、色々なことを考察できなければなりません。そこで、「検査値×処方箋の読み方」と題し、今月から数ヶ月に渡り研修を行うことになりました。そして第1回目の今回は血算について学びました。

色々な情報を基に、それぞれの患者様に最適な薬剤を調剤できるように、これからも研修を重ねていきたいと思います。

  • image

 

平成30年4月度研修会

4月24日に(株)北海道カワゾエカンパニー様に「アクルシリーズの製品紹介」の研修会をして頂きました。

アクルとはポリアクリル酸Naという汚れの吸着、消臭、保湿作用のある特許成分が入ったスキンケア商品です。

肌の環境を整え、正常なターンオーバーを導くことにより肌トラブルを解決してくれます。また、皮膚の汚れを取り除くことにより薬剤の浸透性も良くなります。

大変分かりやすいご講演で、患者様、お客様に商品を紹介する為の知識を習得することができました。

地域の皆様が健康でいられるように、医薬品だけに限らず、総合的なサポートができればと思っております。

  • image
  • image

 

平成30年3月度研修会

3月6日に三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社様に「どうなる!?調剤報酬改定2018」という研修会をして頂きました。

来年度は、2年に一度の調剤報酬が改定される年です。

それについての説明をして頂き、その後社長から弊社の今後の方向性についての話がありました。

今回の改定は、「地域支援体制加算」という項目が新設されたり、より地域に密着した活動をしている薬局を評価する内容になっています。

弊社は経営理念に
・薬を通しての活動が地域社会の一部となるよう努力する
・地域住民の無病、健康増進に貢献する 
等を掲げ、以前からこれらの取り組みを行ってきました。

算定要件になったからそのような活動をするのではなく、地域住民の皆さんの健康の為に少しでもお役に立てるように、これからも努めて参りたいと思っております。

  • image

 

平成30年2月度研修会

2月26日にe-ラーニングを用いた「専門医が教える病気と処方 虚血性心疾患」という研修を行いました。

今回は、狭心症などの虚血性心疾患の基本的な病理の復習と、実際に医師がどの様な意図で処方をしているのかを学びました。

近年、ポリファーマシー(多剤服用)が社会的に問題になっており、有害作用の報告や医療費の問題などが挙げられています。

そして、当然ながら薬剤師はそれを改善するように働きかけなければなりません。

服用薬剤が多いからと闇雲に薬を減らせば、疾病の悪化に繋がりかねませので、 個々の薬剤がどのような意図で処方されているのかを十分に理解しておく必要があります。

それぞれの患者さんの病状を把握し、医師をはじめとする多職種の方々と連携をし、一人一人の患者さんに適した薬剤をご提供できるようにこれからも努めて参ります。

  • image

 

平成30年2月度事務員研修会

2月21日に第37回事務研修会を行いました。

今回の演題は「心身喪失者について」で、心神喪失の状態で重大な他害行為を行ってしまった人に対する医療観察法制度の仕組みやレセプト請求の仕方などについて勉強しました。

そして今回は他に「Drop Box」というアプリを使って店舗間での情報共有を行う為の講習がありました。

情報共有アプリは他にも家族や友人同士でスケジュールや写真を共有できるものが色々とありますが、これもその1つです。そして今回Dropboxに作られたワークシートは今までのやり方よりさらに簡単かつ正確にできるもので、事務の仕事の効率化に繋がるとあって、皆真剣に使い方を聞いていました。

研修会は3か月に1度なので、他にも議題が色々あり、情報交換ができました。

これからはDropboxも活用してさらに効率よく仕事をし、その分の時間を患者さんの為に使えるようにしたいと思います。

  • image

 

平成30年1月度研修会

1月23日に「バイタルサイン講習会 ~実技編~」を行いました。

今回は、先月につづき、日本在宅薬学会主催のバイタルサイン講習会のエヴァンジェリストの資格を取得した薬剤師による第2回の講習会でした。

前回は「なぜ薬剤師がバイタルサインをとる必要があるのか」という講義を受け、今回は実技編でした。
実際に血圧計やパルスオキシメーター等の機器を使って、血圧、脈拍、SpO2の測定法を学びました。

4年制大学を卒業した薬剤師(現在は薬学部は6年制です)は、このバイタルサインの測定法を授業で習っていません。実際に行ってみると、上手くできる人、なかなか上手くいかない人がいましたが、最終的には全員が測定できるようになりました。

バイタルサインは薬の効果判定、副作用の有無の確認、そしてそれらを考慮しての処方検討、医師への処方提案に非常に有効な手段です。

今後も多職種と連携し、それぞれの患者様にあったお薬をお渡しできるように努めて参ります。

  • image
  • image
  • image

 

平成29年12月度研修会

12月26日に「バイタルサイン講習会」を行いました。

今回は、今年日本在宅薬学会主催のバイタルサイン講習会のエヴァンジェリストの資格を取得した薬剤師による講習会でした。

12月、1月度の2回シリーズで、今回はまず、「なぜ薬剤師がバイタルサインをとる必要があるのか」という根本で非常に重要な内容の講義でした。

私達薬剤師は、薬を渡すだけでは無く、服用後きちんと効いているのか、副作用が出てないかを確認する必要がありあます。その際に手助けになるのがバイタルサインです。

もし、バイタルサインに異常があった場合や薬の効果が感じられない場合は医師に報告し、処方を検討します。

1月度は血圧測定の実技の講習です。

バイタルサイン測定の技術を習得し、それぞれの患者様にあった薬を安心して服用して頂けるように努めて参ります。

  • image

 

平成29年11月度研修会

11月21日にe-ラーニングを用いた「副作用の薬理学」という研修を行いました。

今回は、副作用が起こるメカニズム、むくみや下痢を起こしやすい薬剤について学びました。

 

患者さんの体調変化があった際に、医師は病態から、薬剤師は薬剤からの視点でその状態を捉えようとします。その際に副作用などの有害事象が起こっていないかを判別するのは薬剤師としての重要な仕事のひとつです。

 

今後も継続的に研修を行い、薬剤師でなければ気付かないような視点を養い、患者様に安心してお薬を飲んで頂けるように努めて参ります。

  • image

 

平成29年11度事務員研修会

11月8日に第36回事務員研修会を行いました。

今回は、まず初めに7月の九州北部豪雨で被災し閉局していた、フラワー薬局西町店から11月1日より無事に業務を再開する事ができたという報告がありました。

 

その後は、各店舗から出た議題について意見交換や、情報共有を行いました。

研修会で学んだ事を活かして、患者様にご迷惑をおかけすることなく、スムーズに事務作業を行えるよう努力したいと思います。

  • image

 

平成29年10月度研修会

10月25日に「急性胃腸炎の経口補水療法」という研修会を行いました。

(株)大塚製薬工場様に小児急性胃腸炎診療ガイドライン2017年版の解説とOS-1の製品紹介をして頂きました。

平成29年7月九州北部豪雨災害の際には、(株)大塚製薬工場様よりOS-1を無償でご提供頂き、弊社で地域の方々に配布させて頂きました。その際は熱中症対策としてでしたが、今回のお話はこれからの季節に流行するノロウイルスをはじめとする急性胃腸炎に対するOS-1の飲ませ方のお話でした。

一般の方は脱水に対して意識があまり高くないのが現状です。そこで、情報発信や啓発をすることによって脱水等を未然に防ぐことが、我々医療従事者に課せられた非常に大事な使命の一つだということを今回の災害で実感しました。

今後も医療従事者として地域の為にできることを考えていきたいと思っております。

  • image

 

平成29年9月度研修会

9月26日に「オピオイドの適正使用」関する研修会を行いました。

これは一年に一度、定期的に行っている研修です。
在宅医療が進む中で、医療用麻薬の需要も年々増加しています。そして、新しい薬が次々に発売され、患者さんの治療の選択肢が増えてきています。

しかし、普段から取り扱っていないと、いざ処方が出た時に迅速に対応できないのが現状です。先日も、普段麻薬の取り扱いのない店舗で末期ガンの患者さんの依頼が急に舞い込みましたが、本研修を定期的に行っていたことで、きちんと対応することができました。

今後も復習と新しい知識の習得を兼ねて、定期的に研会を行い、地域の皆さんの医療の選択肢を増やすことに貢献できればと思っております。

  • image

 

平成29年8月度事務員研修会

8月30日に第35回事務員研修会を行いました。

今回は「棚卸」に備えて、確認や情報共有を中心とした話し合いとなりました。

他店舗の色々な意見を聞くことができ、年に一度の棚卸を円滑に行えるのではないかと思っております。

また、会社より7月の九州北部豪雨後の杷木地区の現状・取組などの報告がありました。

被災された患者様が来局される度に、何か寄り添える事ができないか考えさせられる日々が続いております。こんな時こそ、会社の理念の一つでもある「地域に密着した薬局」でありたいと強く感じます。

今後も患者様が相談・会話をしやすい雰囲気作り、安心できる薬局を心がけて参ります。

 

平成29年6月度研修会

6月27日に「医療安全研修」を行いました。

この研修は毎年定期的に行っており、日常業務の安全性の向上を図るものです。

今年も弊社で実際に起こったインシデント事例をもとに薬剤師、事務員でディスカッションを行い、再発防止策を検討しました。

勤務する店舗の違いや薬剤師、事務員の職種の違いにより様々な意見が挙がり、新しい視点で業務を見直すことができました。

これからも社員皆で情報共有し、インシデントを起こさないように取り組んで参ります。

  • image

 

平成29年5月度事務員研修会

5月24日に第34回事務員研修会を行いました。

今回のテーマは「毒ガス障害について」でした。

広島県による毒ガス障害対象者への支援が行われているということで、医療手帳の交付を受けた方の処方せんの入力と医療費請求の仕方などの研修会でした。

店舗によって様々な患者様がいらっしゃるので、情報共有をしながらきちんと対応ができるよう、これからも精進していきたいと思います。

  • image

 

平成29年5月度研修会

5月30日に「CKD患者の生体内での薬の行方 ~分かりやすい薬物動態~」という研修を行いました。

福岡県薬剤師会と日本腎臓病薬物療法学会主催の認定セミナーに出席した薬剤師による、9回目の報告研修会でした。

今回は、2年間に渡った認定セミナーの最終回の内容で、これまでの総まとめの話でした。

認定セミナーに参加した薬剤師は勿論のこと、社内で報告研修会をしたことにより、セミナーに参加できなかった他の薬剤師も腎臓病薬物療法の知識が深まりました。

腎臓病以外でも同様のセミナーが開催されていますので、今後もそれらに参加し、薬剤師としてスキルアップすることにより地域の皆さんの健康増進のお手伝いができればと考えております。

  • image

 

平成29年4月度研修会

4月25日に「飲んで得するプログリーンのお話」という研修を行いました。

日本薬品開発株式会社様にプログリーン(大麦若葉青汁)の製品説明をして頂きました。

原材料の大麦若葉は「赤神力」という原種に近い種で、それを毎年自家採種しながら無農薬で栽培しているとのことでした。

そして、熱を加えずに「搾汁」する方法で成分を抽出しているため、栄養分が分解されずに高容量摂取することができるそうです。

薬に頼る前に、まずは日々の食生活の改善が大切です。しかし、現代社会において加工品や化学物質を一切摂らないことはまずできません。

そこで、この様な手軽に摂取できるものの力を借りるのも一つの方法です。

薬剤師にとって「医薬品の供給」は一つの手段であり、目的ではありません。

薬以外の商品の紹介や日常生活のアドバイスも行い、目的である「国民の健康な生活を確保する」ことに貢献できればと思っております。

  • image

 

平成29年3月度研修会

3月28日に「地恵の食事をありがたく頂く会」の活動報告を兼ねて「野菜を取り巻く現状」という研修会を行いました。

弊社常務より、種の種類(在来種、固定種、F-1種、遺伝子組み換え)、栽培方法(慣行農法、有機農法、特別栽培農産物、自然農法)、自家採種、社会事情の話がありました。

現在市場に流通している野菜のほとんどが、種から不自然に品種改良され、薬漬けで育てられたものばかりです。この様な不自然な野菜ばかりを食べていると体が不調をきたすのは必然なのかもしれません。

また、この野菜を取り巻く環境は、人を取り巻く環境と類似しています。

現代人は、過度の除菌や滅菌の環境下で、ワクチンや抗生剤を多量に使ったり、不必要に大量の薬を毎日服用しています。
果たして、これで本当に健康になれるのでしょうか?

自然な食事をし、自然に生きれば、結果的に健康になれるのではないでしょうか?

我々薬局は、薬の専門家として、その危険性も熟知しています。

ですので、地域の皆様になるべく薬を飲まなくてもよいライフスタイルをご提案できればと思っております。

  • image
  • image

久留米の「やました農園」さんの無農薬のあまおうを皆で頂きました。
自然な優しい甘みでとても美味しかったです。

 

平成29年2月度研修会

2月28日にe-ラーニングを用いた「薬物動態」の研修を行いました。

今回は、薬物の効果発現時間、消失時間、薬物総クリアランス、定常状態の平均血中濃度・最高、最低血中濃度について算出する方法を学びました。

「薬物動態」の分野は、定期的に研修を行っていないと実践で中々役立てるのが難しい分野です。その一方で、薬剤師しか知識のない分野ですので、我々の専門であると同時に責任があります。

今後も継続的に研修を行い、患者様に適切な薬剤が適切な用法用量でお渡しできるように努めて参ります。

  • image

 

平成29年2月度事務員研修会

2月15日に第33回事務員研修会を行いました。

今回のテーマは「さまざまな患者様対応」でした。患者様の中には、目や声や足が不自由な方や外国の方がいらっしゃいます。その様な方々が来客された際に、どのような応対を心掛けたら患者様のお役に立てるのかを勉強しました。

薬局に来られて最初に接するのは事務員です。薬局の顔として患者様に寄り添いながら安心して頂き、喜んで頂ける薬局、そしてそれをきっかけにかかりつけ薬局、地域に根差した薬局となれるように努めていきたいと思います。

  • image
  • image

 

平成29年1月度研修会

1月24日に「症例検討 その2」という研修を行いました。

福岡県薬剤師会と日本腎臓病薬物療法学会主催の認定セミナーに出席した薬剤師による、8回目の報告研修会でした。

今回は、先月の研修会で、時間の都合により検討できなかった症例を取り扱い、薬剤の相互作用や腎機能低下患者への薬剤投与設計の症例をディスカッション形式で検討しました。

普段よく目にする様な処方内容でも、患者様の背景によっては、用量調節や処方変更が必要な薬剤もあり、翌日からの業務で直ぐに活かせる内容でした。

2年間に渡る認定セミナーも残すところあと1回になりました。
残り1回もしっかりと勉強し、地域の皆さんのお役に立てるよう知識習得に励みたいと思います。

  • image

 

平成28年12月度研修会

12月20日に「症例検討」という研修を行いました。

福岡県薬剤師会と日本腎臓病薬物療法学会主催の認定セミナーに出席した薬剤師による、7回目の報告研修会でした。

今回は、薬剤の相互作用や腎機能低下患者への薬剤投与設計の症例をディスカッション形式で検討しました。

皆で意見を言い合うことにより、普段自分が気付いてなかった点などにも気付け大変参考になりました。

そして、薬剤師は薬の専門家として、この様な分野に深く関わる責任を再確認致しました。

今回、時間の都合で全ての症例を検討できなかった為、次回1月度の研修会は残りの症例の検討をしたいと思っております。

  • image

 

平成28年11月度研修会

11月28日に「ざ瘡治療ガイドライン」という研修を行いました。

マルホ株式会社様にざ瘡(ニキビ)治療のガイドラインを解説して頂き、その後ベピオゲル、ディフェリンゲルといった治療薬の製品紹介、注意点をご説明頂きました。

この分野の治療は欧米に比べ日本はもの凄く遅れているそうで、実際私達は薬学部で習いませんでした。それだけに、私達薬剤師がきちんとガイドラインを理解し、適切な薬剤を投薬しなければなりません。

対象となる患者様が多い分野ではありませんが、地域の皆様のお役に立てるように今後もそのような分野も研修を重ねて参りたいと思います。

  • image

 

平成28年11月度事務員研修会

11月9日に第32回事務研修会を行いました。

今回は、年に1度行われる棚卸を終えたばかりなので棚卸作業の反省点・改善点を各店舗出し合いました。

今回は、どの店舗も「全体的にスムーズに進んだ」との報告が多く聞かれ、昨年より良い棚卸になったのでは、と感じました。

今後も患者様にご迷惑をお掛けすることなく、円滑に業務に取り組むためにも年に一度の棚卸をしっかりと行い、意見を出し合いより良い薬局になるよう日々努めて参ります。

  • image

 

平成28年10月度研修会

10月25日に「これからのセルフメディケーション」という研修を行いました。

フラワー薬局西町店の管理薬剤師による、オープンから1年半の取り組みや経過報告とアミノ酸製剤「レバコール」の商品説明がありました。

フラワー薬局西町店もOTC(一般用医薬品)に取り組み始めて日が経っておりませんので、色々と試行錯誤を繰り返している様です。

今後も、全店舗で取り扱い品目を増やし、調剤だけではなく多方面から地域の皆様の健康を支えていけたらと思います。

  • image

 

平成28年9月度研修会

9月27日に「腎機能評価」という研修を行いました。

福岡県薬剤師会と日本腎臓病薬物療法学会主催の認定セミナーに出席した薬剤師による、6回目の報告研修会でした。

今回は、腎機能を評価する際に用いる検査値や数式、そしてそれぞれの値が適応できない病態や状態について学びました。

これらのことを理解していなければ、そもそも処方量があっているのかという鑑査もできませんし、医師への処方提案もできません。

これらを十分に理解して、日々の業務に役立て参ります。

認定セミナーはあと2回ありますので、今後も継続して学習していきたいと思っております。

  • image

 

平成28年8月度事務員研修会

8月24日に第31回事務員研修会を行いました。

今回のテーマは、「インシデントをなくすために」でした。

事故になりそうなミスや、ミスが起きてそれが事故につながってしまう。

そのようなミスを未然に防ぐには、普段からどのように気を付けていかないといけないかを再確認しました。

人間が作業を行う際、ミスや失敗を起こしやすい状況「3H」。

初めてやる作業(HAZIMETE)久しぶりに行う作業(HISASHIBURI) 手順や方法が変更された作業(HENKOU)。

これらの作業は、普段に比べ特にミスや失敗が発生しやすくなるので、そういう状況になったときには、特に気をつけなければならないと思いました。

今回の内容を踏まえ、日々正確な事務作業が行えるよう努力して参ります

  • image
  • image

 

平成28年8月度研修会

8月23日に「透析患者における薬物療法 ~CKD患者も含めて~」という研修を行いました。

福岡県薬剤師会と日本腎臓病薬物療法学会主催の認定セミナーに出席した薬剤師による、5回目の報告研修会でした。
今回は、CKD(慢性腎不全)の患者さんに対する薬物療法や透析の基本的な内容について学びました。

認定セミナーはあと3回ありますので、今後も継続して学習していきたいと思っております。

  • image

 

平成28年7月度研修会

7月26日に「検査値を薬局業務で活かす!」という研修会を行いました。

e-ラーニングを用い、検査値の見方や注意点について学びました。

処方せんに検査値を載せる病院が増えてきています。今までは保険薬局では分からなかった情報が分かるようになり便利になったと共に、当然ながらそれらを活用して「その薬を服用しても大丈夫か」「投与量等が適切か」などを監査する責任があります。

今後も研鑽を積んで、皆様に安心してお薬を服用して頂けるように努めて参ります。

  • image

 

平成28年6月度研修会

6月27日に「オピオイドについて」の研修会を行いました。

これは、一年に一回定期的に行っている研修です。在宅医療が進む中で、医療用麻薬の需要も年々増加しています。しかし、普段から扱っていないと、いざ処方が出た時に迅速に対応できないのが現状です。そこで、復習と新しい知識の習得を兼ねて、弊社では定期的に研会を行っています。

今後も、地域の皆さんのご要望にお答えできる体制作りに努めて参ります。

  • image

 

平成28年5月度研修会

5月24日に「医療安全研修」を行いました。

弊社で実際に起こったインシデント事例をもとに薬剤師、事務員でディスカッションを行い、再発防止策を検討しました。

インシデントは起こらないにこしたことはないのですが、起きてしまったインシデントを今後にどう活かすかがとても大切です。

社員皆で情報共有し、同じインシデントを起こさないように気を引き締めて業務に取り組んで参ります。

  • image

 

平成28年4月度事務員研修会

4月27日に第30回事務員研修会を行いました。

今回は、「Excel・Word・Power pointの便利な機能」という事で、普段からパソコンに触れる機会が多い私達でも、知らない機能が多くあり参考になりました。

また、今年度より調剤報酬が改定されましたので、適正に調剤報酬を請求できるよう、算定要件等の再確認・情報交換を行いました。

今回の内容を活かし、今後の業務の効率化につなげていければと思います。

  • image
  • image

 

平成28年4月度研修会

4月5日に「薬剤性腎障害を防ぐ」という研修を行いました。

福岡県薬剤師会と日本腎臓病薬物療法学会主催の認定セミナーに出席した薬剤師による、今年度4回目の報告研修会でした。
今回は、薬の副作用による腎障害について学びました。

腎障害を起こしやすい薬剤や患者さんの背景など、日常業務の中でも十分に遭遇する可能性のある事例があり、薬剤師として副作用を防がなければならないという使命を再確認させられました。

この認定セミナーは今年度までありますので、続けて研修していきたいと思っております。

  • image

 

平成28年2月度研修会

2月23日に「認知症ケアに期待される薬剤師の役割」という研修を行いました。

田辺製薬販売株式会社様のDVDを視聴し、その後ディスカッションを行いました。

日常業務の中で認知症の患者様に接する機会も多くありますし、認知症が出始めたのではないかと思われる様な患者様もいらっしゃいます。

薬剤師は、薬という物のやり取りがある為、医師よりも認知症に気付きやすいと言われています。そういう場合に早期に発見し、病院や介護職、ご家族と連携する事により、病状の悪化を防ぐ事ができます。

これからも色んな方々と連携を取りながら、皆さんが安心して暮らせる地域作りのお役に立てればと思っております。

  • image

 

平成28年1月度事務員研修会

1月13日に第29回事務員研修会を行いました。

今回は、「在宅算定Q&A」ということで問題形式で在宅算定要件の再確認をしました。

医療保険や介護保険で在宅算定をしている店舗も増えており、自分自身がどの程度在宅算定について理解しているのか再度学ぶことができました。

今回の内容を踏まえ、日々の業務に取り組んで参ります。

  • image
  • image

 

 

平成27年以前の情報はこちら

このページの先頭へ